システム性能改善入門 ~非機能要件の要である性能改善講座。現場で培った極意伝授します!~

コースIDコース名対象者科目開催日
101システム性能改善入門
[10:00~17:00](6H講座)
・Webシステムの性能改善スキルを身に着けたいと考えている方
・Webシステムの性能改善作業の管理を出来るようになりたい方
( 1~2年程度のプログラミング経験をお持ちの方に適しています。)
エンジニアリング2019/03/22(満席)

〇講座概要〇

試験工程中に性能問題が発生すると、原因の究明や解決に多大な工数を要し、開発スケジュールに影響を与えることもしばしばです。 運用中に性能問題が発生すると、売上の低下や業務の停止など、大きな影響が出てしまいます。 性能問題への対応はWebシステムを開発、運用するエンジニアやシステムオーナーにとって、非常に重要な問題です。

本講座では、Webシステムの性能問題を未然に防ぎ、対処を効率化するための可視化手法について、実践を交えてお伝えします。Webシステムの性能問題に対応するエンジニアやWebシステムの性能問題の解決を指揮するプロジェクト管理者にとって、有用な内容になっています。

〇受講対象〇

・Webシステムの性能改善スキルを身に着けたいと考えている方
・Webシステムの性能改善作業の管理を出来るようになりたい方
( 1~2年程度のプログラミング経験をお持ちの方に適しています。)

〇受講後の効果〇

・メトリクスを決めてエビデンスをとれるようになる
・開発会社としては解析エンジニアになれる
・発注者としては、開発会社が性能を到達できるか検証し、判断ができるようになる

〇アジェンダ〇

  1. はじめに

・Webシステムの性能問題とは
・性能問題が引き起こすこと
・トラブルシューティングとは
・本講座のねらい
・本講座が対象とする業務範囲
・性能問題を正しく解決するために
・トラブルシュータの正しい心構え

  1. 障害が起きる原理を理解する

・用語確認
・Webサービスの仕組み
・問題が発生しうる箇所
・検証環境の準備
・性能問題体験

  1. 体系的な手順で原因を切り分ける

・切り分け手順の全体像
・クライアント/サーバ/ネットワークを切り分ける
・クライアントの処理を絞り込む
・サーバとプロセスを絞り込む
・Javaのプログラムを絞り込む
・データベースの問題を絞り込む

  1. ツールを活用する

・アプリケーション性能管理ソフトウェアを知る

  1. おわりに

 

〇詳細〇

会場:株式会社SHIFT 本社11階 セミナールーム
東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル 11F
※東京メトロ日比谷線神谷町駅 1番出口より徒歩6分 / 都営大江戸線赤羽橋駅 中之橋口より徒歩7分

時間:10:00 ~ 17:00 (受付開始 9:40~)

費用:1人  78,000円 (税別)

支払:請求書払い (受講月末請求・翌月末お支払い) ※会場払いではありません。

定員:24名 (先着順)
※開催1週間前までに5名以上の申込みがない場合は開講を中止することがありますのでご了承ください。

○ お申込み方法

下記よりお申込みください。

 

○ 問い合わせ先

<ヒンシツ大学事務局> hinshitsu-univ@shiftinc.jp

○ お願い・注意事項

● 当日、お名刺のご持参をお願いします。なお、受講申込書は事前にご送付ください。
● プログラムの内容、担当講師、開催場所を変更させていただく場合がございます、ご了承ください。
● お申込み後のキャンセルは、なるべくお早めにお願いします。
● 弊社が、講座開催の報告等の掲載をHP等で行う際に特定の個人がフォーカスされないような形で撮影した写真を
使用する場合がございますのでご了承ください。

○ キャンセルポリシー

開催する場合、受講申込書の送付を致します。(返送期限は、講座開催日の2営業日前となっております。)
そちらに必要事項をご記入の上、捺印しご返送いただいております。
キャンセルされる場合、受講申込書をご返送いただいた時点からキャンセル料が発生致します。
キャンセル料は受講代金全額となります。
※受講申込書を返送いただいた後で、弊社都合による開催中止の場合はキャンセル料は頂きません。

○ 「ヒンシツ大学」を受講された皆さまの声

株式会社LIXILインフォメーションシステムズ様
「社内勉強会などで定期的に開催を検討していきたいです」
株式会社レピカ様
「品質というものに対する意識の大切さについて改めて知る、とてもいい機会になりました」