logo


 

講師紹介

1,200万件のテストケース・15万件の不具合情報データベースを用いて日々実践されている、SHIFT社のテスト手法を、クオリティエヴァンジェリスト、トップコンサルタント達が惜しみなく伝授。外部講師を招いたイベントや特別講義も、随時企画いたします。

伊藤 剛

株式会社SHIFT 「ヒンシツ大学室」室長

大手SIerにて携帯通信開発のSE、プロジェクトマネージャーとして通信、車載、医療、物流系のプロジェクトに23年間従事。
2016年よりSHIFTへ参画。物流系のQA担当として製品品質&プロセス品質向上を実現し、お客様のソフトウェア品質向上に貢献。
2018年ゲーム分野のQA担当として活躍の幅を広げ、2019年よりヒンシツ大学講師に就任。

社外活動:JUAS(日本情報システム・ユーザー協会)研究員
専門分野:プロジェクトマネージメント、人材育成、メンター。

杉原 茂忠

株式会社 SHIFT「ヒンシツ大学」チーフ クオリティ エヴァンジェリスト

弥生株式会社にて、品質保証部の立ち上げフェーズに、テストエンジニアとして参画。 テストマネージャー、品質管理分析、テストセンター管理として活躍後、2013年SHIFTに参画。 テスト業務一連のマネジメント、及び、お客様先に常駐しての品質改善コンサルティングサービスの提供、 社内・社外向けの教育推進としてトレーニングセンターを担当している。

渡辺 雄彦

株式会社SHIFT「ヒンシツ大学」クオリティ エヴァンジェリスト

製造、金融、住宅建築の基幹システム開発プロジェクトにおいて、SE、テスト推進リーダー、プロジェクトマネージャーを担当(計17年間)。大手IT会社にて、メガ損保グループから受託した基幹システム運用業務の品質向上/効率改善を8年間、同システムの運用/基盤保守チーム(300名規模)のプログラムマネージャーを11年間担当。2018年にSHIFTに参画し、通信キャリア向け品質検証プロジェクトの統括マネージャーを担当した後、ヒンシツ大学講師に就任。
PMP資格保持者。

永井 敏隆

株式会社SHIFT「ヒンシツ大学」クオリティ エヴァンジェリスト

大手IT会社にて、17年間ソフトウェア製品の開発に従事し、ソフトウェアエンジニアリングを深耕。SE支援部門に移り、システム開発の標準化を担当し、IPAのITスペシャリスト委員として活動。また100を超える顧客の現場の支援を通して、品質向上活動の様々な側面を経験。その後、人材育成に従事し、4年に渡り開発者を技術とマインドの両面から指導。2019年、ヒンシツ大学の講師としてSHIFTに参画。
専門分野:ソフトウェアエンジニアリング

薮田 和夫

株式会社SHIFT「ヒンシツ大学」特別講師
南山大学 理工学部 ソフトウェア工学科 客員教授

1976年富士通入社。
以来SEの共通技術部門において企業システムのシステム生産技術に一貫して従事。作業標準、技法、ツール研究、製品開発から適用推進に至るまで幅広く活動。
またISOやJISなどの標準化も積極的に参画。現在は、ISO/IEC JTC1/SC7 WG4(ツールと環境)、同WG26(ソフトウェアテスト)の国内委員会の主査および委員を務め、複数規格の国際エディタも務める。

林 浩一

株式会社SHIFT「ヒンシツ大学」特別講師
ピースミール・テクノロジー株式会社 顧問

富士ゼロックス、外資系データベースベンダーを経てウルシステムズに入社。自治体・大企業のシステム内製化とPMOに特化した関連会社としてピースミール・テクノロジー株式会社を設立、初代社長に就任。現在は顧問。資料作成スキル向上による技術者や研究者の戦力アップの手法を提唱。展開のためのサイト「勝負ドキュメント作成講座」を運営

岡野 誠

株式会社SHIFT「ヒンシツ大学」特別講師

日本マイクロソフト株式会社にて、テストエンジニア、プログラムマネージャーとして活躍、国内大手SIerにて品質保証リーダーを経験後、2011年SHIFTに参画。テスト業務マネジメント、コンサルティングサービスの経験を活かし、2012年より社内・社外向けの教育推進を担当。2019年11月よりSHIFT特別講師。